アパート経営 税金対策

なぜアパート経営が税金対策になるのか?

人によっては、税金が少々高くなっている事があります。やや大きな収入が増えているものの、毎年かなり大きな金額が差し引かれていますから、何とかしたいと思うケースもある訳です。

 

 

 

 

 

ところでアパート経営が、その税金対策になっている事がたまにあります。もしも税金支払いが気になる時には、アパート経営で生じた損失分を差し引くことを忘れないのが、1つのポイントになるのです。

 

 

 

 

 

そもそも収入が大きな方方は、それなりに税金も高めになります。年収が300万の方々と比べれば、もちろん800万の方が、大きな税金を支払う事になります。時にはその金額が非常に大きくて、困ってしまう事もある訳です。

 

 

 

 

 

ところで人によっては、サイドビジネスとしてアパート経営などを行っている事があります。その経営にて大きな損失が発生している時は、忘れずに申告手続きを行うべきです。なぜなら、それで税金が減るケースがあります。

 

 

 

 

 

例えば現在の年間所得が800万で、アパート経営によって200万の損失が発生しているとします。こういった時には、800万から200万近くの損失を引き算する事を忘れないのが大切です。

 

 

 

 

というのも年間所得を800万として申告してしまいますと、当然大きな税金が発生する事になります。逆に600万分として申告をすれば、その分だけ税金が差し引かれる訳です。

 

 

 

 

 

こういった事柄を考えますと、アパート経営はある意味で税金対策にもなってくるのです。ちなみに不動産経営の手段は、何もアパートだけではありません。駐車場を経営するパターンもあるのですが、それは余り節税にならないケースが目立ちます。

 

 

 

 

 

大きなお金が動きやすいアパート物件の方が、節税対策になりやすい特長があるのです。
ただし節税対策になるとは言っても、あまりにも損失が多いのも問題です。

 

 

 

 

 

極端な話ですが、アパート経営による損失額が1,000万円になってしまえば、それこそ本末転倒になりかねません。なるべく損失を小さく抑えることは、アパート経営では重要なのです。

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

無料!セキスイハイムやその他建設会社のアパート建築費用や収益プランがもらえます♪