アパート経営 建築期間

アパートの建築期間は約半年?

アパートの経営を考えている人は結構たくさんいると思いますが、建築期間はどのくらいなのか気になる人もたくさんいると思います。実はアパートの建築期間は通常の住宅とほぼ同じで長くても半年程度で終了します。

 

 

 

 

 

アパート建築の契約をするとまずは地盤の改良などが行われますが、これは土地の面積にもよりますが、長くてもおおよそ2週間程度で終了します。これが終わると次は基礎工事が行われます。アパートは面積が広いので基礎工事は通常の住宅よりも少し時間がかかりますが、これも長くても2週間程度で終了します。

 

 

 

 

 

 

そしてこれが終わると次は棟上げですが、多くのアパートは軽量鉄筋構造が採用されています。軽量鉄筋構造はあらかじめ工場で骨組みが作られてこれを現場に運んできて組み立てますので、すぐに骨組みや外装の工事は終了します。

 

 

 

 

 

この次は内装の工事ですが、アパートの間取りはどの部屋でも同じですのでこれは早めに終了します。クロスを貼ったり、キッチンやバスルームを設置したりしますが、通常の住宅よりも構造もシンプルですし工事は順調に進むと思います。そして、内装工事が終了すると、駐車場の舗装や生垣などを植えてアパートは完成します。

 

 

 

 

 

 

このようにアパートは早ければ4か月、遅くても半年くらいで完成します。契約したときにスケジュールなどを教えてくれますので、計画も立てやすくなると思います。
アパートの建設は大手のハウスメーカーとアパート専門の業者が手掛けていますが、施工管理が優れているのは圧倒的に大手のハウスメーカーで工期もしっかり守ってくれますので、安心して任せられると思います。工期が遅れることもなく安心です。

 

 

 

 

 

一方、アパート専門の業者はいい加減な会社もありますので注意が必要です。施工管理がいい加減な会社もあり、工期が遅れる可能性もありますので担当者とよく打ち合わせなどをしながら、スケジュール通り完成するか注意する必要があると思います。

 

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

 

無料!セキスイハイムやその他建設会社のアパート建築費用や収益プランがもらえます♪