セキスイハイム アパート 建築費

セキスイハイムのアパートの建築費について

アパート経営を本格的にお考えの方は、まずどこでアパートの建築を依頼するのか?といったことに悩まれるのではないでしょうか。
建築費ももちろんですが、これまでにアパート建築の実績が豊富にあるような建築会社でないと、不安ばかりがつのりますよね…。

 

 

 

 

 

大手ハウスメーカーであるセキスイハイムはアパートの建築にも対応されており、
これまでに数多くのアパートの建築の実績を誇っているメーカーでもあります。

 

 

 

 

 

そして、セキスイハイムの賃貸住宅シリーズでは、1階と2階で1世帯が暮らすメゾネットタイプのものや、大容量のソーラーパネルを搭載した賃貸住宅など、賃貸住宅に対応した商品が豊富に用意されています。

 

 

 

 

 

さらに、セキスイハイムのアパートは耐震性や耐久性などの基本性能が充実しているほか、遮音性や収納力、防犯対策などにも力を入れています。
セキスイハイムでアパートの建築をお考えの方は、建築費用がどれぐらいかかるのか?といったことが気がかりでならないと思いますので、価格帯に関してもふれておきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

セキスイハイムでアパートの見積りを取られた方の見積り額を紹介しておきますと、
宅地約80坪、2階建て、部屋数は6程度、オール電化仕様、エコキュート、IHコンロ、建物の取り壊し費用などを含め約9000万円を提示されたそうです。

 

 

 

 

 

 

この口コミは見積りの段階とのことですから、その後の条件次第では数百万円の金額が動くこともあります…。
セキスイハイムのアパートの建築費は驚くほど高いですね…。

 

 

 

無料!セキスイハイムやその他建設会社のアパート建築費用や収益プランがもらえます♪

 

アパートの経営を考えている人は結構たくさんいると思いますが、建築期間はどのくらいなのか気になる人もたくさんいると思います。実はアパートの建築期間は通常の住宅とほぼ同じで長くても半年程度で終了します。

 

 

 

 

 

アパート建築の契約をするとまずは地盤の改良などが行われますが、これは土地の面積にもよりますが、長くてもおおよそ2週間程度で終了します。これが終わると次は基礎工事が行われます。アパートは面積が広いので基礎工事は通常の住宅よりも少し時間がかかりますが、これも長くても2週間程度で終了します。

 

 

 

 

 

 

そしてこれが終わると次は棟上げですが、多くのアパートは軽量鉄筋構造が採用されています。軽量鉄筋構造はあらかじめ工場で骨組みが作られてこれを現場に運んできて組み立てますので、すぐに骨組みや外装の工事は終了します。

 

 

 

 

 

この次は内装の工事ですが、アパートの間取りはどの部屋でも同じですのでこれは早めに終了します。クロスを貼ったり、キッチンやバスルームを設置したりしますが、通常の住宅よりも構造もシンプルですし工事は順調に進むと思います。そして、内装工事が終了すると、駐車場の舗装や生垣などを植えてアパートは完成します。

 

 

 

 

 

 

このようにアパートは早ければ4か月、遅くても半年くらいで完成します。契約したときにスケジュールなどを教えてくれますので、計画も立てやすくなると思います。
アパートの建設は大手のハウスメーカーとアパート専門の業者が手掛けていますが、施工管理が優れているのは圧倒的に大手のハウスメーカーで工期もしっかり守ってくれますので、安心して任せられると思います。工期が遅れることもなく安心です。

 

 

 

 

 

一方、アパート専門の業者はいい加減な会社もありますので注意が必要です。施工管理がいい加減な会社もあり、工期が遅れる可能性もありますので担当者とよく打ち合わせなどをしながら、スケジュール通り完成するか注意する必要があると思います。

 

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

 

続きを読む≫ 2017/03/09 16:04:09

何か事業を営む時には、資格が求められることがあります。古物を取り扱うようなビジネスなどでは、資格がなければ難しい事もあるのです。その他にも、資格が必要なビジネスはいくつもあります。

 

 

 

 

 

ところでアパート経営は、たまにビジネスの一環と解釈される事があります。確かにそれもお金を得る事が目的になりますから、ある意味ビジネスなのです。
ではアパート経営では果たして資格が必要になるかと言われれば、別に資格を保有していなくても、問題はありません。現に無資格で、経営を行っている方々も確かに多いです。

 

 

 

 

 

ですが現実には、資格を保有している方が有利になる傾向はあります。現実にはそれを取る必要は無いのですが、あえて資格取得を目指して頑張っている方々も多いです。なぜならノウハウに関する問題があるからです。

 

 

 

 

 

そもそもビジネスが順調に進むか否かは、知識面などに左右される一面があります。やはり知識が多い方が、利益率なども高まる傾向はあるのです。
ところで資格を取得する為には、もちろん勉強をする必要があります。取引士などの資格もありますが、それを所得するには、やはり多くを学ぶ必要はあるのです。

 

 

 

 

 

そして学んだ知識は、利益に直結するという考え方もあるのです。つまり取引士の勉強で学んだ知識を、アパート経営にそのまま生かすという考え方になります。
何も取引士だけではありません。その他にも管理士など、不動産経営に関連する資格は色々とあるのです。その他にも主任士という資格もあります。

 

 

 

 

 

そういった資格を保有しておくと、アパート経営の利益率が高まると考えて、勉強を行う方々もかなり多く見られます。現に取引士などの知識は、アパート経営でそれなりに応用が利くこともあるのです。

 

 

 

 

 

やはりアパート経営の一番の目的は、利益を生み出すことです。それも効率良く利益を生み出すことがポイントになりますから、できるだけ多くのお金を得るために、資格取得を頑張っている方々も少なくありません。

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

続きを読む≫ 2017/03/09 16:03:09

アパート経営をする上でもっとも注意すべきポイント、
それは極力空室を減らすことです。

 

 

 

 

 

この重要性に比べれば、他の注意点などたいしたことはない、
そう言っても過言ではないほど、これは重要な点です。
では、どうすれば空室を減らすことが出来るのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

空室を減らす上で重要なポイント、それは将来の人口動態を計算に入れた上で、
アパート経営を行うことです。
将来の人口動態とアパートの空室に何の関係があるのかと思われる方もいるでしょうが、この2つには大いに関係があります。

 

 

 

 

 

 

将来人口が減少する自治体でアパートを経営しても、
空室だらけのアパートになり、
経営に失敗する可能性が高いです。

 

 

 

 

 

同様に、今人口が多くても、
将来さびれる可能性が高い場所にアパートを作ってもうまくいきません。
アパートは車と違って動かすことが出来ないので、建築する場所を間違えてしまうと、どうにもならずに詰んでしまいます。

 

 

 

 

 

 

なので、それを回避するためには、今だけでなく将来も人が減らない場所、
つまり将来にわたって空室が出にくい場所にアパートを作るしかありません。

 

 

 

 

 

それが出来れば、アパート経営は成功したも同然と言えます。
ですので、アパート経営をするなら、20年先、30年先もさびれない場所に
アパートを作るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この、空室を出さない(将来さびれそうな所にアパートを作らない)点以外にも、
管理能力の高い業者に賃貸管理を任せること、
トラブルを起こしそうな人を入居させないこと、
(問題のある人でも、一度入居させてしまうと追い出すのは難しいです)

 

 

 

 

 

十分な資金を確保した上でアパートを建設することなども重要ですが、
どれも、空室リスクの回避に比べればあまり大きなポイントとは言えません。

 

 

 

 

 

 

なので、アパート経営に成功したいなら、
将来の人口動態や人の流れに着目し、今も将来も空室があまり出なさそうな場所に
アパートを作り、その上で徹底的に空室リスク回避を行いましょう。

 

 

 

 

 

そうすれば、安定したアパート経営が出来ます。

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

続きを読む≫ 2017/03/09 16:01:09

人によっては、税金が少々高くなっている事があります。やや大きな収入が増えているものの、毎年かなり大きな金額が差し引かれていますから、何とかしたいと思うケースもある訳です。

 

 

 

 

 

ところでアパート経営が、その税金対策になっている事がたまにあります。もしも税金支払いが気になる時には、アパート経営で生じた損失分を差し引くことを忘れないのが、1つのポイントになるのです。

 

 

 

 

 

そもそも収入が大きな方方は、それなりに税金も高めになります。年収が300万の方々と比べれば、もちろん800万の方が、大きな税金を支払う事になります。時にはその金額が非常に大きくて、困ってしまう事もある訳です。

 

 

 

 

 

ところで人によっては、サイドビジネスとしてアパート経営などを行っている事があります。その経営にて大きな損失が発生している時は、忘れずに申告手続きを行うべきです。なぜなら、それで税金が減るケースがあります。

 

 

 

 

 

例えば現在の年間所得が800万で、アパート経営によって200万の損失が発生しているとします。こういった時には、800万から200万近くの損失を引き算する事を忘れないのが大切です。

 

 

 

 

というのも年間所得を800万として申告してしまいますと、当然大きな税金が発生する事になります。逆に600万分として申告をすれば、その分だけ税金が差し引かれる訳です。

 

 

 

 

 

こういった事柄を考えますと、アパート経営はある意味で税金対策にもなってくるのです。ちなみに不動産経営の手段は、何もアパートだけではありません。駐車場を経営するパターンもあるのですが、それは余り節税にならないケースが目立ちます。

 

 

 

 

 

大きなお金が動きやすいアパート物件の方が、節税対策になりやすい特長があるのです。
ただし節税対策になるとは言っても、あまりにも損失が多いのも問題です。

 

 

 

 

 

極端な話ですが、アパート経営による損失額が1,000万円になってしまえば、それこそ本末転倒になりかねません。なるべく損失を小さく抑えることは、アパート経営では重要なのです。

 

 

 

セキスイハイムのアパートの建築費は?のTOPへ戻る

続きを読む≫ 2017/03/09 15:59:09
無料!セキスイハイムやその他建設会社のアパート建築費用や収益プランがもらえます♪